NEWS

NHK「いいいじゅー!!」テレビ番組への出演。
2023.01.06
お知らせです。

NHKの「いいいじゅー‼︎」という番組に出演いたします。
各方面のご協力頂いた皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

放送は、
NHK BS プレミアム
1/12 木19:30〜19:59

地上波は、
2/14 火12:20〜12:43
※変更の可能性あり

是非ともご覧下さいませ😊

番組ホームページ、放送詳細はこちらです。
https://www.nhk.jp/p/ts/J7775NQ8GW/schedule/te/42MRPV1XRG/

Lollar Pickups テレキャスター編!
2023.01.27

 
こんにちは。お手伝い2号です!
今日は3回目にしてKGRじゃないことについて書いてしまいます!
 
その内容は、代表の福嶋が渡米した際、たくさんお世話になったローラー・ピックアップについてです!
デジマートに掲載中のローラーピックアップはこちら!
(別ページが開きます!)
 
 
ピックアップを交換するって、エフェクターを入れ替えたりするより敷居が高いかもしれません。
 
ただ、イコライザーやプリアンプを導入してみても、なかなか解決しないときの音作り。
こんな “ちょっとしたことだけど、深い” 悩みは、ピックアップを交換することで解決するかもしれませんよ!
 
そんなとき、KGRとしておすすめしたいのがローラーのピックアップです。
特に今回はテレキャスターをたくさん試してみました!
主観ですが、印象を書いてみたので参考になれば幸いです。
 
今回試したのは6機種
  1. ・’52 T
  2. ・Vintage T
  3. ・Royal T
  4. ・Special T
  5. ・J-Street T
  6. ・Alnico 3
 
’52 T
薄くまとわりつくような空気感。
高域はキラキラとしているが、中低域は武骨で素朴なサウンド。
しかし低域の圧も出力もしっかりとしている。
メイプルブラックガードのサウンドの特徴をしっかりと感じることができる。
<↓ローラーの解説↓>
52年風。まろやかなアタック、バランスの良い周波数応答、明瞭なサウンドで空間系との相性も良し。
 
Vintage T
弦の振動が木材でいなされつつも、共振していることが感じられる素直なサウンド。
パワーも標準的かつ輪郭がはっきりとしているのでエフェクトペダルとの相性もかなり良さそう。
指板の相性も選ばなそう。テレキャスターのトゥワンギーサウンドをイメージするならこれ。
<↓ローラーの解説↓>
伝統的なカントリーから初期のツェッペリンのような、幅広く使えるテレサウンド。
 
Royal T
ストラトのネックポジションを確かに感じた。
今回はボディにダイレクトマウントしているのでやや芯の残ったサウンドだが、ピックガードにマウントするとかなり肉薄できそう。
ミックスサウンドを歪ませたときは、テレとストラトを同時に鳴らしているような独特なトーン。KGRのペダルと組み合わせてみたい。
<↓ローラーの解説↓>
ストラトのネックPUを意識(50年代と64年のハイブリッド)。ざらつきがありつつ、クリアでアタック感も良し。

前半3機種 動画
ピック弾き編

 
指弾き編

 
 
Special T
今回のギターに一番相性が良かった。
不快に感じるハイミッドの金切り声のような中高域のトーン、ボソボソと全体をマスクしてしまうような低域が抑えられている。
さらに、わずかながらに出力も増。ブリッジは輪郭もはっきり、ネックは空気感がありバランスが練られていると感じた。
<↓ローラーの解説↓>
ブロードキャスターインスパイア。パワフルでダイナミクスも出しやすい。濃密な中域、滑らかな高域。
 
J-Street T
パワフルだがパワフルすぎない。歪ませたときの中域の滑らかさはP-90に近い。
しかし、音の立ち上がりの速さ、高域の煌びやかさはしっかりとテレキャスター。
ボリュームやタッチで音量をコントロールしてもトーンバランスが安定。個人的に一番好み。
<↓ローラーの解説↓>
スペシャルTのさらに高出力なモデル。低域の音圧感も増し、P-90やハムに近い特性。
 
Alnico 3
パンチ感≒粒立ちの良さ。サスティンがないわけではない。
出力に対してノイズも少なく感じ、音の出が速く感じる。カントリー調の指びきも良し。
ギラついた高域ではなくパンチ感、音圧でアタック感があるので、特徴は強いがバランスが悪いわけではない。
ミックストーンの鈴鳴り感が独特。
<↓ローラーの解説↓>
チキンピッキング!キレよし、アタック感にパンチあり。

後半3機種 動画
ピック弾き編

 
指弾き編

 
参考になれば幸いです!
 
デジマートに掲載中のローラーピックアップはこちら!
(別ページが開きます!)
ACアダプター、電池、ファズ
2023.01.20
AC/Battery/FUZZ

こんにちは!お手伝い2号の江田です。

本日は自作キットのちょっとした推しポイント、紹介したいと思います!
主にヴィンテージファズ風な機種に関する内容です。

レンジマスター、トーンベンダー、ファズフェイスなど、当時のものですと電池駆動のものがほとんどです。
もちろんACアダプタのソケットはありません。
少しお詳しい方ですと、トランジスタの種類(電流の向き)の問題もあるかと、ご理解いただけるかもしれません。

そこを KGR Harmony のトーンベンダー系自作キットは解消しております!

Voltage_IC
電圧コンバータICというものを回路内に組み込んでおります。
これによって、安心してACアダプターでの駆動が可能になっております。
また、参考にしたペダルにより近い設計と、ニュアンスを残した信号の挙動も実現しています!

自作キットと銘打っていますが、完成済オプションを選んでも15,000円前後。
自身で組み立てるのであれば、10,000円以下という点も見逃せません。
ぜひご覧ください!

Tone Bender MK I type. ファズ “TB1” 自作キット
Tone Bender MK II type. ファズ “TB2” 自作キット
Tone Bender MK III type. ファズ “TB3” 自作キット
Buzzaround Type. ファズ “BUZZ 3” 自作キット
↓ 2023.01.25 追加しました! ↓
“GeFF +” ゲルマニウム FuzzFace系ファズ 自作キット

厳密に言えば今回の内容にそぐわないのですが、トーンベンダーの系譜ということで。
基になったカラーサウンドのパワーブースト、オーバードライバーは復刻モデルもなく、再現した製品も少ないのでおすすめです!
プリアンプ/オーバードライブ “OverDriver” 自作キット
KGR Harmony の製品あれこれ
2023.01.15
3カテゴリ
 
初めまして。お手伝い2号の江田と申します。
今一度 KGR Harmony について、お知らせできればと思います!
 
KGRといえば“南部鉄器”と、少しずつ浸透しつつもありますが、実はそれだけでないのです!
 
現在KGRでは大きく分けて3種類の商品展開をしています。
  1. ・南部鉄器エフェクター
  2. ・コラボエフェクター
  3. ・自作キット
 
 
・南部鉄器エフェクター ➡クリックで一覧をご覧いただけます。
南部鉄器エフェクター

南部鉄器の筐体を活かすために設計されたエフェクトペダル。現在、4機種を販売中です。
目を引く見た目なのももちろんですが、音にも共通する特徴があります。ぜひ見かけたらお試しください!
 
 
・コラボエフェクター
コラボペダル
現在、初発刀陰陽進退の2機種。どちらもクロサワ楽器店様とのコラボ機種です。
もちろん、クロサワ楽器店様でもご購入が可能です。

こだわりを感じる設計思想のもと誕生したモデルです。クロサワ楽器店様の特集ページもぜひご覧ください。
➡ https://www.kurosawagakki.com/sh_ocha/kgrcollabfx/

筐体はアルミですが、プッシュスイッチの台座用に、南部鉄器の専用プレートを制作しました。
このような対応も可能です。企画自体もお待ちしております!
 
 
・自作キット ➡クリックで一覧をご覧いただけます。
自作キット

これは南部鉄器を使用していない、一般的な仕様です。
しかしながら豊富な種類を取りそろえ、現在30種類ちかくの機種が販売中です。
販売方法も「基板のみ」「基板とパーツ」「筐体も含め一式」「完成品」から選べます。 まだまだありますので、ぜひじっくりとご覧ください!

次回、より掘り下げて紹介できればと思います。お楽しみに。
南部鉄器エフェクターをアメリカ・シアトルに広めてきます!
2022.08.16
こんにちは!

KGRです。

この度、2022年の9/12-19の1週間、アメリカ・シアトルに「南部鉄器エフェクター」を持って営業に行ってきます。

この挑戦のご支援をお願いするクラファンを立ち上げました。



クラウドファンディング・プロジェクトページ

南部鉄器でエフェクターを作り始めてから3年、始める前から海外に挑戦したいと思っていました。

ようやく最初一台の”あられ”が完成していざ、という時にコロナが本格化、、この時ばかりは、辛かったなぁ。。笑

でも、今思うと、それから今までの間、沢山の人と出会い仲間が増えたり、自分の力を磨き続けてきたり、大事な時間だったなと。そして、今年の4月にEONJ主催のピッチ大会で優勝させて頂き、更には、同じ楽器業界のアメリカ人の友達が出来き、なんだか流れを感じました。

もしかしたら、タイミングはちゃんと考えられていたのかもしれません。笑

この時だけは”日本代表”になって、全力で爪痕を残してきます!笑

「世界を沸かす第一歩を踏み出して参ります!」

ご支援のリターンには、記念サインを入れた「南部鉄器エフェクター」各種ご用意してあります。この機会に是非とも!

また、アメリカ出張の様子を踏まえたお礼のメール、動画もご用意してあります。
楽器をされない方でも、夢に挑戦している風景をお届けしたいと思います。

是非とも、応援お願い申し上げます!

KGR

KGR HARMONY ONLINE STORE

pagetop